市場ニュース

戻る

【市況】アジア株は全面安、米株下落を嫌気 豪州株は2%安、5月19日以来の日中下落率

アジア株は全面安、米株下落を嫌気 豪州株は2%安、5月19日以来の日中下落率

東京時間11:03現在
香港ハンセン指数   28431.94(-369.33 -1.28%)
中国上海総合指数  3513.24(-11.86 -0.34%)
台湾加権指数     17102.35(-216.19 -1.25%)
韓国総合株価指数  3229.78(-38.15 -1.17%)
豪ASX200指数    7218.30(-150.55 -2.04%)

アジア株は全面安、前週末の米株大幅下落を受け売り優勢で始まっている。米利上げが前倒しされるとの見方から米株価指数は時間外でも下落、ダウ先物は130ドル超安。先週末、ブラード・セントルイス連銀総裁は、来年終盤の利上げを予測しているとインタビューに答えた。

豪州株は2.04%安、5月19日以来の日中下落率。金融株が全面安。コモンウェルス銀行は4.5%安、ウエストパック銀行は2.6%安、マッコーリーグループは2.5%安。NY金価格の下げを嫌気して、ニュークレスト・マイニングなど素材関連株も総じて下落している。
上海株は0.34%安。中国人民銀行は21日、中国最優遇貸出金利(ローンプライムレート)の1年物、5年物をそれぞれ14カ月連続で据え置いた。

出所:MINKABU PRESS

日経平均