市場ニュース

戻る

【市況】18日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は533ドル安と大幅に5日続落

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 18日の米株式市場では、NYダウが前日比533.37ドル安の3万3290.08ドルと大幅に5日続落した。

 セントルイス連銀のブラード総裁が米連邦準備制度理事会(FRB)は22年にも最初の利上げをするだろう、と発言した。これを受け、米利上げ観測の前倒し懸念が浮上し、NYダウは4月初旬以来、2カ月半ぶりの水準に下落した。ナスダック指数も値を下げた。アマゾン・ドット・コムやアップル、マイクロソフトが安く、JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカが値を下げた。エヌビディアやインテル、マイクロン・テクノロジーが売られた。半面、テスラやショッピファイ、ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが高く、エアビーアンドビー、マスターカードが上昇した。ドキュサインやバイオジェンが値を上げた。

 ナスダック総合株価指数は、130.974ポイント安の1万4030.376と反落した。出来高概算は、ニューヨーク市場が27億1418万株だった。

出所:MINKABU PRESS

日経平均