市場ニュース

戻る

【材料】ソフトバンクGの下値模索続く、終値で割り込めば今年1月初旬以来に

SBG <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソフトバンクグループ<9984>が3日続落。5月にMSCIの指数イベントに絡み急落したが、その後もジリ安の展開を強いられている。きょうは日経平均が先物主導で売り込まれており、日経平均寄与度の高い同社株は売り圧力に晒されている。また、同社が外資系金融機関から借り入れが急増しているとの報道もあり、これも株価の不安定要因となっているもようだ。株価はフシ目の8000円大台を割り込んだが、同社株が終値ベースで7000円台をつけたのは今年1月初旬までさかのぼる。PERは3倍と超割安圏にあるが、市場では「ビジネスモデル的に株価指標は下値を支えるストッパーとはならない」(国内証券ストラテジスト)としている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均