市場ニュース

戻る

【特集】ジャストプラ Research Memo(8):当面は安定配当を基本に株主還元を実施していく意向

ジャストプラ <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策

ジャストプランニング<4287>は将来の事業展開と経営体質強化のため、内部留保を確保しつつ安定的な配当を継続していくことを株主還元の基本方針としている。この方針に則り、2022年1月期の1株当たり配当金については前期比横ばいの7.4円(配当性向36.9%)を予定している。今後も資金需要を勘案しながら、安定配当を基本方針とするが、業績が成長軌道に乗った段階では配当性向の水準も意識した配当を行っていくものと予想される。


■情報セキュリティ対策について

同社では情報セキュリティ対策として、情報インフラ設備についてはコンピュータ・ウイルスの検知及び除去用のソフトウェアの導入並びにファイアウォールの構築など、様々な予防対策を行っている。また、サーバーについては2019年1月期に自社サーバーからクラウドサーバーへ移行を完了しており、クラウド化によって「まかせてネット」の安定運用やコスト効率の向上を図っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《YM》

 提供:フィスコ

日経平均