市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=米5月CPIに注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米5月消費者物価指数(CPI)の結果が注目されそうだ。予想レンジは1ドル=108円90~110円10銭。

 今晩は米5月CPIと欧州中央銀行(ECB)理事会が開催される。特に、米CPIは4月分が「CPIショック」を引き起こした後の発表だけに関心は高い。市場では前年同月比4.7%上昇との予想が出ているが、その結果に債券市場を含めてどんな反応があるかが、関心を集めている。また、ECB理事会はラガルド総裁の発言などが注目されている。




出所:MINKABU PRESS

日経平均