市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ジーエヌアイ、リクルート、ブリヂストン

ジーエヌアイ <日足> 「株探」多機能チャートより
■ジーエヌアイグループ <2160>  2,143円  +319 円 (+17.5%)  11:30現在
 ジーエヌアイグループ<2160>が急反騰。17日の取引終了後、21年12月期第1四半期(1~3月)の決算を発表し、売上収益38億7200万円(前年同期比82.2%増)、営業利益7億7300万円(同85.7%増)と、大幅な増収増益で着地したことが好感されているようだ。主力製品である特発性肺線維症治療薬「アイスーリュイ」の中国での売り上げが引き続き好調だったことや、米国における医療機器事業セグメントの事業環境が改善しつつあることが業績を牽引した。なお、通期見通しは売上収益118億300万円(前期比20.8%増)、営業利益12億2000万円(同34.7%減)を据え置いた。

■ノーリツ <5943>  1,903円  +198 円 (+11.6%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 ノーリツ<5943>は急伸している。17日の取引終了後、21年12月期の連結業績予想について、売上高を1800億円から1910億円(前期比3.9%増)へ、営業利益を50億円から64億円(同34.3%増)へ、最終利益を58億円から76億円(前期30億1300万円の赤字)へ上方修正したことが好感されている。国内事業は取り替え需要の増加及び高付加価値商品の拡販などにより売り上げが堅調に推移しているほか、海外事業も中国、北米エリアの売り上げが回復していることが要因。あわせて、業績予想の修正に伴い、32円を予定していた期末配当を51円に引き上げると発表しており、これも好材料視されている。年間配当予想は83円となり、前期に比べて48円の増配となる予定だ。同時に発表した第1四半期(1~3月)決算は、売上高491億6800万円(前年同期比10.0%増)、営業損益31億1600万円の黒字(前年同期4億5500万円の赤字)、最終損益40億3000万円の黒字(同64億8700万円の赤字)だった。

■リクルート <6098>  5,134円  +347 円 (+7.3%)  11:30現在
 リクルートホールディングス<6098>が大幅反発している。17日の取引終了後に発表した22年3月期連結業績予想で、売上高2兆4500億~2兆6000億円(前期比8.0%~14.6%増)、営業利益1800億~2450億円(同10.5%~50.5%増)を見込み、上限であれば営業最高益更新を見込むことが好感されている。各国政府による新型コロナウイルス感染症拡大防止対策などを受けて、20年のグローバル人材マッチング市場は縮小したが、米国市場では前期第4四半期以降に採用競争の過熱感が増しており、これを受けてHRテクノロジー事業のドルベース売上高は40~50%程度の増収を予想。また、メディア事業は不透明感があるものの、人材領域で飲食業を中心とした企業クライアントの採用需要回復に伴うアルバイト・パート向け求人広告サービスの回復や人材紹介サービスの緩やかな回復を見込み、これらが業績回復に貢献する。なお、21年3月期決算は、売上高2兆2693億円(前の期比5.4%減)、営業利益1628億2300万円(同21.0%減)だった。

■ブリヂストン <5108>  4,732円  +75 円 (+1.6%)  11:30現在
 ブリヂストン<5108>が5日続伸し年初来高値を更新している。17日の取引終了後に発表した第1四半期(1~3月)連結決算が、売上高7568億9300万円(前年同期比7.2%増)、調整後営業利益823億3500万円(同78.7%増)、純利益602億6000万円(同3.6倍)と大幅増益だったことが好感されている。グローバルのタイヤ需要が回復するなか、トラックやバス向けを中心に販売を伸ばしたほか、乗用車向けに高採算の高インチタイヤの販売も伸びた。また、販売ミックスの改善や経費・コスト構造改革の効果も寄与した。21年12月期通期業績予想は、売上高3兆100億円(前期比7.3%増)、調整後営業利益2600億円(同33.4%増)、純利益2610億円(前期233億100万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

■日軽金HD <5703>  2,070円  -94 円 (-4.3%)  11:30現在
 日本軽金属ホールディングス<5703>が大幅続落している。17日の取引終了後、グループ中核会社の日本軽金属で法令違反となる事案を発生させたと発表しており、これが嫌気されている。名古屋工場における一部JISマーク表示製品について、JISの規定と異なる方法で採取した試験片で引張試験を実施していたという。これを受けて、名古屋工場のJIS認証は5月14日付で取り消されることになった。なお、同件による業績への影響は現在精査中としている。

■ITbook <1447>  447円  +80 円 (+21.8%) ストップ高   11:30現在
 ITbookホールディングス<1447>がストップ高に買われている。17日の取引終了後に発表した22年3月期の連結業績予想で、売上高276億4900万円(前期比21.1%増)、営業利益4億3400万円(同2.8倍)、最終利益1億5600万円(同黒字転換)と大幅増益を見込むことが好感されている。コンサルティング事業やシステム開発事業で、中央官庁や地方自治体・民間企業へのDX推進サポートを積極的に図るほか、アパレル事業やECモール事業など新規事業の早期収益化を目指すとしている。なお、21年3月期決算は、売上高228億3000万円(前の期比7.6%増)、営業利益1億5200万円(同2.2%減)、最終損益3億5800万円の赤字(前の期8300万円の黒字)だった。

■ティラド <7236>  2,270円  +296 円 (+15.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 ティラド<7236>が大幅高となっている。同社は17日取引終了後に、22年3月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを前期比4.1倍の52億円としていることや、年間配当計画は90円と2期ぶりに復配する方針を示していることが好感されているようだ。売上高は同19.3%増の1349億円を予想。コロナ禍からの世界経済の回復を反映して米国やアジアなどの売り上げが増加するとみているほか、米子会社の減損損失の反動で収益も大幅に改善する見込みだとしている。なお、21年3月期通期の連結決算は、売上高が前の期比13.4%減の1130億4600万円(従来予想は1131億円)、営業利益が同55.5%減の12億6400万円(従来予想は12億円)で着地した。

■キャリア <6198>  509円  +54 円 (+11.9%)  11:30現在
 キャリア<6198>が急反発している。17日の取引終了後に発表した第2四半期累計(20年10月~21年3月)連結決算が、売上高59億7200万円(前年同期比3.6%減)、営業損益5300万円の赤字(前年同期7200万円の赤字)、最終損益6400万円の赤字(同7200万円の赤字)となり、赤字幅が縮小したことが好感されている。新型コロナウイルス感染症に関連するコールセンター業務を受注し売上高に寄与したが、コロナ禍前に受注していた案件などは受注減となっており、全体的な受注としては、コロナ禍前の水準に回復していないという。こうしたなか東京本社、大阪支店、福岡支店、札幌支店の移転を実施。また、シニアワーク事業の販管費圧縮に努めるなどしたことも寄与した。なお、21年9月期通期業績予想は、売上高130億円(前期比6.1%増)、営業利益5000万円(前期100万円)、最終利益1000万円(前期3900万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

■日ダイナミク <4783>  669円  +63 円 (+10.4%)  11:30現在
 日本コンピュータ・ダイナミクス<4783>が急反発している。同社は17日取引終了後に、21年3月期通期の連結決算を発表。営業利益は前の期比74.1%減の2億4200万円(従来予想は5000万円)で着地した。売上高は同4.5%減の175億6300万円(従来予想は176億円)となった。IT関連事業で追加案件が発生したことや、パーキングシステム事業で駐輪場利用料収入の減少幅が想定より縮小したことが要因。また、経費節減を実施したことが利益を押し上げた。あわせて公表した22年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比9.3%増の192億円、営業利益が同2.7倍の6億5000万円を見込む。顧客企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みなどからIT関連事業が堅調に推移すると予想しているほか、パーキングシステム事業では大型受注が業績に寄与するとみている。

■フォースタートアップス <7089>  1,313円  +100 円 (+8.2%)  11:30現在
 フォースタートアップス<7089>が反発している。17日の取引終了後、投資事業を行う子会社「フォースタートアップスキャピタル」を5月21日に設立すると発表しており、これが好感されている。主力サービスであるタレントエージェンシーサービスとのシナジーを創出し、成長産業支援をより強固なものとすることが目的。なお、22年3月期業績への影響は軽微としている。

■スカラ <4845>  765円  +58 円 (+8.2%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 スカラ<4845>が急反発している。17日の取引終了後に発表した第3四半期累計(20年7月~21年3月)連結決算が、売上高65億9400万円(前年同期比19.2%増)、営業利益1億5900万円(同46.9%減)、純利益27億1400万円(同7.3倍)となり、最終損益が大幅増益となったことが好感されている。トレーディングカードゲームのリユースECサイトを運営するEC事業が好調で売上高を牽引したが、新規事業などへの展開に向けた積極的な投資や、人材・教育事業で新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けたことなどで営業利益は減益を余儀なくされた。ただ、子会社株式売却益の計上により最終利益は大幅増益となった。なお、21年6月期通期業績予想は、売上高90億~120億円、営業利益1億~5億円、純利益27億~31億円を見込む。同時に、16円を予定していた期末配当を18円に引き上げると発表しており、これも好材料視されている。年間配当は34円(前期28円)となる予定だ。

■cotta <3359>  662円  +50 円 (+8.2%)  11:30現在
 cotta<3359>が急反騰している。17日の取引終了後、自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視されている。上限を40万株(発行済み株数の3.60%)、または3億円としており、取得期間は5月19日から10月31日まで。株主への利益還元及び資本効率の向上と今後の経営環境の変化に応じた機動的な資本政策を遂行することが目的という。

■エスクリ <2196>  416円  +25 円 (+6.4%)  11:30現在
 エスクリ<2196>が大幅反発している。17日の取引終了後に発表した22年3月期連結業績予想で、売上高268億3600万円(前期比2.1倍)、営業利益6億3000万円(同黒字転換)、最終利益3億円(同)と黒字転換を見込むことが好感されている。引き続き新型コロナウイルス感染症の影響を受けると予想されるものの、緊急事態宣言などに伴う社会的な制約が解除され、ワクチン接種も広がることで、徐々に受注状況が回復すると見込む。なお、21年3月期決算は、売上高129億4100万円(前の期比58.8%減)、営業損益64億100万円の赤字(前の期15億4600万円の黒字)、最終損益54億1600万円の赤字(同4億5500万円の黒字)だった。

■ジェイリース <7187>  1,096円  +48 円 (+4.6%)  11:30現在
 ジェイリース<7187>が新値追い。同社は賃貸不動産における家賃債務保証業務が主力で、大都市を中心に展開している。17日の取引終了後、時間外救急プラットフォームを提供するファストドクター(東京都新宿区)と業務提携すると発表しており、これが好感されているようだ。この業務提携により、ジェイリースの契約者を対象に夜間往診救急サービス「ファストドクター」の提供を行うほか、専用ダイヤルで医療相談などができるサービスなども提供する。

■佐鳥電機 <7420>  800円  +25 円 (+3.2%)  11:30現在
 佐鳥電機<7420>が反発している。17日の取引終了後、21年5月期の連結業績予想について、売上高が1040億円から1050億円(前期比2.0%減)へ、営業利益を5億7000万円から8億円(同56.3%増)へ、最終損益を2000万円の赤字から4億円の黒字(同7.7倍)へ上方修正し、12円を予定していた期末配当予想を18円に引き上げたことを好感した買いが入っている。車載用や通信モジュ-ル用半導体の販売が増加したことに加えて、粗利率の改善も寄与した。なお、年間配当は30円(前期38円)となる予定だ。

●ストップ高銘柄
 AOITYO <3975>  860円  +150 円 (+21.1%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、2銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均