市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は329円安でスタート、ルネサスやSUMCOなどが下落/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 29355.87 (-329.50)
TOPIX  : 1940.92 (-15.64)


[寄り付き概況]

 20日の日経平均は329.50円安の29355.87円と4日ぶり反落して取引を開始した。前日19日の米国株式市場は反落。ダウ平均は123.04ドル安の34077.63ドル、ナスダックは137.58ポイント安の13914.77で取引を終了した。史上最高値付近から利益確定売りが優勢となり、寄り付き後、下落。バイデン大統領が2.3兆ドル規模のインフラ法案を巡り合意に向けた交渉に応じる姿勢を示すと下げ止まったが戻りは限定的で、終日、軟調推移となった。

 米国株安を受けた今日の東京株式市場は売りが先行した。国内で新型コロナ感染が拡大しており、大阪府など地方自治体が緊急事態宣言を国に要請する動きが出てきており、足元経済への悪影響が懸念され、株価の重しとなった。また、外為市場で1ドル=108円10銭前後と昨日15時頃に比べ30-40銭ほど円高・ドル安に振れていることも買い手控え要因となった。一方、ワクチン普及などによる世界経済の回復への期待が継続し、株価下支え要因となったが、寄り付き段階では売りが優勢だった。

 セクター別では全業種が値下がりしている。パルプ・紙、不動産業、金属製品、建設業、機械などが値下がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ルネサス<6723>、信越化<4063>、SUMCO<3436>、マネックスG<8698>、紀文食品<2933>、ダイキン<6367>、日立<6501>、アドバンテスト<6857>、ファナック<6954>、安川電<6506>、ファーマF<2929>、日産自<7201>などが下落。他方、OLC<4661>、資生堂<4911>などが上昇している。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均