市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は116円安、寄り後マイナスに転じ下げ幅拡大

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は116円安(9時10分現在)。今日の東京株式市場は寄付き段階では売り買いが交錯した。先週末の米国株高が東京市場の株価支援要因となったことに加え、河野規制改革相が9月末までに国内接種対象者全員分の新型コロナワクチンを確保できるとの見通しを示したことなども安心感となった。一方、国内の新型コロナの感染動向や、日米首脳会談後の日中関係など、懸念される材料も多く、また、主要企業の決算発表本格化を前に積極的な買いを見送るムードもあり株価の重しとなり、寄り後は日経平均は下げ幅を拡大する動きとなっている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均