市場ニュース

戻る

【通貨】4月8日のNY為替概況(訂正)

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

下記のとおり修正します。
(誤)長期債低下に伴うドル売り
(正)期金利低下に伴うドル売り

 8日のニューヨーク外為市場でドル・円は109円00銭まで下落し、109円31銭まで反発も戻り鈍く、引けた。

先週分新規失業保険申請件数が予想外に2週連続で増加したほか、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した3月開催分連邦公開市場委員会(FOMC)議事録やパウエル議長の発言を受け、早期の緩和策縮小の思惑が後退したため長期金利低下に伴うドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.1870ドルから1.1927ドルまで上昇し、引けた。



  
ユーロ・円は129円57銭まで下落後、130円25銭まで反発した。

  
ポンド・ドルは1.3773ドルから1.3722ドルまで下落。

ドル・スイスは0.9282フランから9233フランまで下落した。


 

[経済指標] ・米・先週分新規失業保険申請件数:74.4万件(予想:68.0万件、前回:72.8万件←71.9万件)・米・失業保険継続受給者数:373.4万人(予想:363.8万人、前回:375万人←379.4万人)
《KY》

 提供:フィスコ

日経平均