市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=パウエルFRB議長の発言など注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、今晩のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言などに左右されそうだ。予想レンジは1ドル=109円00~109円80銭。

 この日は、ドルの軟調な動きが続き欧州時間に入り109円40銭台に下落している。今晩はパウエルFRB議長が国際通貨基金(IMF)のパネル討論会に参加する。テーパリング(量的緩和縮小)に慎重な発言などがあれば、金利低下による一段のドル安要因に働くこともあり得る。また、米新規失業保険申請件数なども注目されそうだ。



出所:MINKABU PRESS

日経平均