市場ニュース

戻る

【注目】前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

アトム <日足> 「株探」多機能チャートより

■アトム <7412>  905円 (-53円、-5.5%)

 アトム <7412> [東証2]が続急落。2日取引終了後、株式売り出しが発表されており、需給悪化を警戒した売りが先行した。同社の筆頭株主であるコロワイド <7616> が2000万株を売り出す。同時にオーバーアロットメントによる上限300万株の売り出しも実施する。売出価格は3月10日から16日のいずれかの日に決定する。

■アスクル <2678>  3,465円 (-95円、-2.7%)

 アスクル <2678> が続落。2日の取引終了後に発表した2月度(1月21日~2月20日)の月次業績で、単体売上高が前年同月比2.1%減と5ヵ月ぶりに前年実績を下回ったことが嫌気された。前年にあった衛生用品特需の反動に加えて、BtoB事業で緊急事態宣言の影響を受けたという。

■日医工 <4541>  927円 (-16円、-1.7%)

 日医工 <4541> が続落。複数のメディアで、富山県が同社に対して業務停止命令を出す方針を固めたと報じられており、これが嫌気された。国が承認していない工程で製造した製品など75品目を自主回収した問題に関連して、記録の不備など、管理体制に問題があったと判断したという。NHKなどによると、主力工場での製造を32日間停止する処分などを行うとしている。

■東エレク <8035>  43,590円 (-540円、-1.2%)

 東京エレクトロン <8035> 、SUMCO <3436> 、ルネサスエレクトロニクス <6723> など半導体関連が売り買い交錯で高安まちまち。前日2日の米国株市場ではインテルやエヌビディア、アプライドマテリアルズ、マイクロンテクノロジーなどが軒並み売られる展開となり、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も3%あまりの急反落となった。これを受け東京市場でも関連株に逆風が強まったが押し目買いニーズも強い。

※3日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース

日経平均