市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 メガチップス、エムスリー、住友電 (25日大引け後 発表分)

メガチップス <日足> 「株探」多機能チャートより

 25日の大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 メガチップス <6875>   ★今期最終を7.4倍上方修正・7期ぶり最高益更新へ
 ◆21年3月期の連結最終利益を従来予想の27億円→200億円に7.4倍上方修正し、7期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。ゲームソフトウェア格納用と中心としたLSI製品の需要が想定以上に伸びることが寄与。米サイタイム社の株式売却益を計上することも最終利益を大きく押し上げる。

 エムスリー <2413>   ★未定だった今期配当は3.5円増配
 ◆従来未定としていた21年3月期の期末一括配当は12円(前期は8.5円)実施する方針とした。足もとの好調な業績などを踏まえ、株主への利益還元を増やす。

 構造計画 <4748> [JQ]  ★今期経常を18%上方修正
 ◆21年6月期の経常利益(非連結)を従来予想の14.7億円(前期比18.2%減)→17.4億円(同3.2%減)に18.4%上方修正。上期業績とその後の状況を踏まえ計画を精査した結果、売上高、経常利益ともに上振れする見込みとなった。

 住友電 <5802>   ★今期経常を17%上方修正
 ◆21年3月期の連結経常利益を従来予想の830億円→970億円に16.9%上方修正。減益率が36.4%減→25.7%減に縮小する見通しとなった。今期業績の上方修正は2月3日に続き、3回目。自動車関連製品の販売が想定を上回ることが寄与。生産性向上によるコスト削減に加え、持ち分法投資損益が改善することも上振れに貢献する。

 明電舎 <6508>   ★今期最終を55%上方修正
 ◆21年3月期の連結最終利益を従来予想の47億円→73億円に55.3%上方修正。減益率が42.7%減→11.1%減に縮小する見通しとなった。産業システム分野の収益が想定より改善することが寄与。保有不動産の売却に伴う売却益約32億円を計上することも最終利益を押し上げる。
  同時に、従来未定としていた今期の年間配当は48円(前期は50円)実施する方針とした。

 三社電機 <6882> [東証2]  ★未定だった今期配当は2円増配
 ◆従来未定としていた21年3月期の年間配当は15円(前期は13円)実施する方針とした。今期の業績動向や財務状況などを踏まえ、株主への利益還元を増やす。

 菊水電子 <6912> [JQ]  ★今期経常を3.6倍上方修正
 ◆21年3月期の連結経常利益を従来予想の1.3億円→4.7億円に3.6倍上方修正。減益率が80.3%減→28.8%減に縮小する見通しとなった。重点市場である航空宇宙、電池、自動車のCASE、サーバー・ICT関連、半導体関連など一部の市場で回復基調がみられ、需要が想定以上に増加することが収益押し上げの要因となる。

 タカショー <7590>   ★前期最終を23%上方修正、配当も4円増額
 ◆21年1月期の連結最終利益を従来予想の7.7億円→9.5億円に23.5%上方修正。増益率が3.8倍→4.7倍に拡大し、従来の7期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。外貨建て取引における為替差額が想定より増加したことに加え、海外子会社の清算結了に伴う調整勘定の取崩益を計上したことが利益を押し上げた。
  業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の16円→20円(前の期は10円)に増額修正した。

株探ニュース

日経平均