市場ニュース

戻る

【市況】日経平均VIは上昇、当面保合い相場を想定か

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は13時55分現在、前日比+0.72pt(上昇率2.89%)の25.70ptと上昇している。なお、今日ここまでの高値は25.98pt、安値は24.68pt。

今日の東京株式市場は売りが先行し、日経225先物は下落して始まった。日経平均は高値をつけた2月16日以降の取引時間中の安値を更新するなど、次第に上値の重さが意識されている。一方、国内で新型コロナの新規感染が縮小傾向となり、経済活動の本格的な再開への期待が強く、相場の先高観は依然強い。こうした状況から市場では当面、膠着相場を想定するムードが台頭しており、今日の日経VIは概ね休日前22日の水準近辺で推移している。


【日経平均VIとは】
日経平均VIは、市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値。日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と通常は弱く逆相関する傾向がある。一方、数値が急上昇した後に、一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴も持っている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均