市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:NYダウ633ドル安、短期的な投機加速に警戒

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

米国株式相場は続落。ダウ平均は633.87ドル安の30303.17ドル、ナスダックは355.47ポイント安の13270.60ポイントで取引を終了した。低調な企業決算を嫌気し寄り付き後下落した。短期の投機取引が加速し変動率が上昇すると金融状況への警戒感が広がり売りが加速。連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で大規模の金融緩和据え置きを決定、パウエル議長が当面緩和策を解消する意向がないことを再確認し、金融状況は健全と確認したが下げ止まらず、引けにかけて下げ幅を拡大した。セクター別では半導体・同製造装置、メディア・娯楽の下落が目立った。

ゲーム販売のゲームストップ(GME)や映画館運営のAMC(AMC)は短期投機家による買いが空売り投資家の損失確定する買戻しを巻き込みそれぞれ急伸。バイオのモデルナ(MRNA)は米国政府から追加で1億回分のワクチン購入の受注と受けたとの報道が好感され上昇した。一方、航空機メーカーのボーイング(BA)は、パンデミックや737マックス機の運航停止が影響し2020年度の赤字が過去最大の膨らんだことが明らかになり下落。半導体メーカーのAMD(AMD)は四半期決算で過去最大の収益を計上したものの利益確定売りが先行し下落した。コーヒ?チェーンのスターバックス(SBUX)は既存店売上高5%減が嫌気され下落。

ソーシャルネットワークのフェイスブック(FB)は引け後に発表した第4四半期決算が予想を上回り追加自社株買い計画を発表したが、2021年の成長率に著しい圧迫が見られると警告したため時間外取引で売られた。





Horiko Capital Management LLC

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均