市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):インソース、キヤノン電、弁護士COM

インソース <日足> 「株探」多機能チャートより
■インソース <6200>  2,338円  +387 円 (+19.8%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
 インソース<6200>が急騰。25日の取引終了後、第2四半期累計(20年10月~21年3月)連結業績予想について、売上高を31億4000万円から33億円(前年同期比13.6%増)へ、営業利益を6億5000万円から9億4000万円(同50.5%増)へ、純利益を4億3000万円から6億6000万円(同56.8%増)へ上方修正したことが好感された。同時に発表した第1四半期決算(20年10月~12月)が好調だったことに加えて、第2四半期にはITサービス事業の「Leaf」のカスタマイズとストレスチェックの納品が3月に集中する見込みという。また、動画・eラーニング販売で期末(3月)に向け予材を確保していることや、研修事業のオンライン化への移行により、講師派遣型研修の単価が向上し、公開講座の1開催当たり受講者数が増加したことなども寄与するという。同時に発表した第1四半期決算は、売上高18億1400万円(前年同期比11.7%増)、営業利益6億4600万円(同56.1%増)、純利益4億5200万円(同63.7%増)だった。また、21年9月期通期業績予想は、売上高67億4000万円(前期比31.6%増)、営業利益14億5000万円(同84.9%増)、純利益9億4000万円(同2.1倍)の従来見通しを据え置いている。

■ナガワ <9663>  10,810円  +900 円 (+9.1%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
 ナガワ<9663>が急伸し上場来高値を更新した。25日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を280億円から300億円(前期比3.4%増)へ、営業利益を36億円から45億円(同27.3%増)へ、純利益を25億円から30億円(同42.5%増)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う事業活動及び業績への影響はあるものの、ユニットハウス事業の販売及びレンタルが好調に推移し、3期ぶりに営業利益の過去最高を更新する見込み。なお、同時に発表した第3四半期累計(4~12月)決算は、売上高212億3300万円(前年同期比0.5%増)、営業利益32億2200万円(同25.1%増)、純利益23億1400万円(同31.8%増)だった。同時に、株主優待制度を拡充すると発表しており、これも好材料視されている。現行制度では保有株数と保有期間に応じて3000円から1万5000円分のクオカードを贈呈していたが、21年3月31日時点の株主から1万円から5万円分を贈呈するとしている。

■キヤノン電子 <7739>  1,698円  +101 円 (+6.3%)  本日終値  東証1部 上昇率10位
 キヤノン電子<7739>は大幅高。親会社のキヤノン<7751>向けを中心にプリンターの受託生産を手掛ける。25日取引終了後に20年12月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来予想の43億円から56億円(前期比31%減)に上方修正しており、これが株価を強く刺激する形となった。フルサイズミラーレスの新製品が牽引するカメラ関連ユニットの販売が好調だったほか、ドキュメントスキャナーにおける米国市場でのECチャネルによる拡販などが寄与、コスト削減努力など合理化効果も想定を上回って推移していることが利益増額の背景となった。

■富士ソフト <9749>  5,530円  +320 円 (+6.1%)  本日終値
 富士ソフト<9749>が大幅続伸。きょう付けの日本経済新聞朝刊で、「2020年12月期の連結営業利益は前の期比2割増の160億円程度と、会社予想(3%増の136億円)や市場予想平均(QUICKコンセンサス、13%増の149億円)を上回ったようだ」と報じられており、2年連続で最高益となるとの観測が好材料視されたようだ。記事によると、新型コロナウイルス禍を契機にネット通販を強化する企業が増えていることを受けて、ECサイト構築などの案件が伸びたほか、テレワーク関連の通信機器の引き合いも増えたという。

■山洋電気 <6516>  6,580円  +360 円 (+5.8%)  本日終値
 山洋電気<6516>が大幅続伸し昨年来高値を更新。25日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を730億円から768億円(前期比8.6%増)へ、営業利益を19億円から36億円(同3.5倍)へ、純利益を14億円から25億円(同5.9倍)へ上方修正し、従来40円を予定していた期末配当を45円にすると発表したことが好感された。第3四半期以降、通信機器向けや医療機器向けなどをはじめ、主要販売市場であるロボット、半導体製造装置、電子部品実装機、射出成型機などのFA市場からの需要が増加したことが要因としている。なお、年間配当は80円(従来予想75円)となる予定だ。

■JSR <4185>  3,445円  +165 円 (+5.0%)  本日終値
 JSR<4185>が6連騰し昨年来高値を更新した。25日の取引終了後に発表した第3四半期累計(20年4~12月)連結決算は、売上高3167億9600万円(前年同期比11.7%減)、営業利益126億3900万円(同58.7%減)と大幅減益となったものの、10~12月期では同6.7%営業増益となったことが好感された。半導体材料が販売数量を伸ばしたことが牽引した。また、第3四半期に自動車・タイヤ向け需要の回復によりエラストマー、合成樹脂の販売量が回復していることも寄与した。なお、21年3月期通期業績予想は、売上高4200億円(前期比11.0%減)、営業利益165億円(同49.8%減)の従来見通しを据え置いている。

■弁護士ドットコム <6027>  12,540円  +600 円 (+5.0%)  本日終値
 弁護士ドットコム<6027>が大幅高。同社は25日取引終了後に、21年3月期第3四半期累計(20年4~12月)の単独経常利益が前年同期比1.5%減の2億2500万円になったと発表。ただ、10~12月期に限れば1億1600万円の黒字(前年同期は3000万円の赤字)となっており、これが好感されたようだ。売上高は第3四半期累計で前年同期比27.1%増の38億600万円、10~12月期では前年同期比28.7%増の13億7100万円となった。電子契約サービス「クラウドサイン」の売り上げが大きく伸びたことなどが寄与した。なお、通期業績予想は売上高52億円(前期比25.8%増)とする従来計画を据え置き、各利益については引き続き未定としている。また、同日には税理士業界に特化した事業承継支援を行う「税理士事務所の承継支援サービス」を開始したことを明らかにしている。

■トーセイ <8923>  1,027円  +36 円 (+3.6%)  本日終値
 トーセイ<8923>が大幅高で3日ぶりに反発。25日の取引終了後に自社株買いを実施すると発表しており、これが好材料視された。上限を70万株(発行済み株数の1.48%)、または5億円としており、取得期間が2月1日から7月31日まで。株主還元水準の向上並びに資本効率の改善を図るためとしている。

■岡部 <5959>  795円  +25 円 (+3.3%)  本日終値
 岡部<5959>が続伸。25日の取引終了後、集計中の20年12月期連結業績について、営業利益が40億5000万円から44億9000万円(前の期比15.2%減)へ、純利益が18億5000万円から27億円(同19.2%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好材料視された。売上高は、主力の建設関連製品を中心に想定通りに推移したことから631億円(同3.5%減)の従来予想に沿って着地したが、提案型営業による高付加価値製品の拡販や販管費の圧縮などが奏功して利益は計画を上回った。

■マクニカ富士 <3132>  2,233円  +58 円 (+2.7%)  本日終値
 マクニカ・富士エレホールディングス<3132>が続伸し昨年来高値を更新した。25日の取引終了後に発表した第3四半期累計(20年4~12月)連結決算が、売上高3967億3700万円(前年同期比3.0%増)、営業利益121億2900万円(同20.6%増)、純利益81億3800万円(同75.2%増)と大幅営業増益なり、通期予想に対する進捗率が83%に達したことが好感された。集積回路及び電子デバイスその他事業で、引き続き中国の5Gやデータセンター向けメモリーが堅調に推移したほか、半導体製造装置やFA機器向けにアナログ製品などが回復し、航空宇宙向けなどの新しいビジネスも伸長した。また、ネットワーク事業でリモートワークの増加に伴いネットワークやクラウド関連商品が伸長したほか、セキュリティー商品が官公庁や通信業界を中心に増加した。なお、21年3月期通期業績予想は、売上高5220億円(前期比0.2%増)、営業利益145億5000万円(同0.7%増)、純利益86億円(同52.7%増)の従来見通しを据え置いている。

株探ニュース

日経平均