市場ニュース

戻る

【材料】前日に動いた銘柄 part2 安川電機、シグマ光機、ベガコーポレーションなど

東宝 <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>13日終値⇒前日比
東宝<9602> 4155 -300
「鬼滅の刃」効果で上方修正も出尽くし感。

コシダカHD<2157> 400 -25
足元の事業環境悪化で上半期営業赤字に下方修正。

ファーストブラザーズ<3454> 1029 -52
今期好業績見通しで急伸の反動。

住友林業<1911> 2072 -95
特に悪材料は観測されないが戻り売りが優勢に。

日ペHD<4612> 9930 -420
新規の材料は観測されないが見切り売り優勢の流れ継続。

オリンパス<7733> 2067.5 -79.0
バリューアクト・キャピタルの保有比率低下など伝わっている。

イオンモール<8905> 1738 -38
第3四半期決算ポジティブも戻り売り優勢。

電源開発<9513> 1660 -120
12日にかけて大幅上昇の反動で戻り売り。

関西電力<9503> 1017.5 -39.5
12日には電力株が軒並み買われる展開になったが。

安川電機<6506> 5660 +240
市場予想上回る水準に業績上方修正。

クレアHD<1757> 107 +14
西山由之氏の保有比率上昇など伝わっている。

那須電機鉄工<5922> 13110 -510
5G関連などテーマ性豊富で高値奪回の動きへ。

加地テック<6391> 7110 -790
水素関連の小型株として上値追いが続く。

アウンコンサルティング<2459> 239 +21
13日上半期決算発表を予定している。

エヌ・ピー・シー<6255> 1016 +150
第1四半期の営業損益は1.74億円(前年同期は0.06億円の赤字)の黒字で着地。

シグマ光機<7713> 1419 +184
21年5月期の営業利益を従来予想の6.60億円から8.20億円に上方修正。

旭化学工業<7928> 875+150
第1四半期の営業利益は前年同期の約8.6倍の2.14億円。

ベガコーポレーション<3542> 2384 +210
20年12月の売上高(旗艦店・モール店合算)が前年同月比41.6%増の16.21億円。

チームスピリット<4397> 1911 -230
第1四半期決算が市場期待に届かなかったとの指摘も。

新コスモス<6824> 2781 +500
ガス検知器を手掛けており水素関連との見方で短期資金向かう格好との見方。

三ッ星<5820> 1323+59
カジレーネと炭素繊維ワイヤー線芯を開発との一部報道が手掛かりか。

フルッタフルッタ<2586> 276 -32
直近の急騰に対する反動安。

助川電気工業<7711> 750 +100
個人投資家の関心向かう。

サンアスタリスク<4053> 2860 +155
75日線を捉える。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均