市場ニュース

戻る

【材料】◎13日前場の主要ヘッドライン

・海運株が買われる、バルチック海運指数は昨年10月初旬以来の水準を回復
・レーザーテクは連日の上場来高値、EUV向けシェア独占で機関投資家の買い続く
・PRTIMEがS高、6月以降コロナ前の成長取り戻し21年2月期見通し上方修正
・昭和真空は大幅高、グローバルニッチトップの実力評価で異彩の9連騰
・インターアクが急伸、未定としていた21年5月期営業利益は9.7%増
・エヌピーシー急反騰で4ケタ大台復帰目前、9~11月期営業黒字転換で需給妙味も
・国際石開帝石など石油関連株が高い、米追加経済対策への期待でWTI価格上昇
・三光合成はS高カイ気配、車両部品の受注増え21年5月期業績予想を上方修正
・トランザク大幅続伸、第1四半期営業益33%増で上半期計画進捗率87%
・旭化学に大量の買い注文、前日のストップ高に続き投資資金の攻勢加速
・技研製に大口の買い流入、9~11月期営業利益3倍化で対上期進捗率は97%に
・安川電が反発、主要市場の需要環境改善で21年2月期業績予想を上方修正

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:MINKABU PRESS

日経平均