市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ指数は小幅反落、大型株優位で伸び悩み、テーマ物色も恩恵乏しく/マザーズ市況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

本日のマザーズ市場では、積極的な買いが入りにくかったとみられ、日経平均に比べマザーズ指数の伸び悩みが顕著だった。株式市場全体としては米ジョージア州の上院決選投票を終え、先行き不透明感が後退したと受け止めた買いが強まった。ただ、日経平均が一時500円を超える上昇となるなか、主力大型株に投資資金が向かいやすかった。また、次期米政権の環境政策推進への期待などが物色材料となるなか、IT関連株中心のマザーズ銘柄は恩恵が限られた。なお、マザーズ指数は小幅反落、売買代金は概算で2248.09億円。騰落数は、値上がり133銘柄、値下がり199銘柄、変わらず14銘柄となった。個別では、時価総額上位のフリー<4478>、ラクス<3923>、JMDC<4483>や、売買代金上位のAIinside<4488>などが軟調。前日大幅高となっていた昨年12月上場銘柄の一角は利益確定売りがかさみ、KaizenPF<4170>が急落。また、オンデック<7360>は下落率トップとなった。一方、時価総額トップのメルカリ<4385>は堅調で、売買代金上位では12月上場組のバルミューダ<6612>やココペリ<4167>が上昇。また、GMOTECH<6026>が上昇率トップとなった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均