市場ニュース

戻る

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月18日発表分)

fonfun <日足> 「株探」多機能チャートより
 【好材料】  ――――――――――――

■エプコ <2311>
出資先であるENECHANGEのマザーズ上場が承認。上場時の株式売り出しには参加しない。

■fonfun <2323> [JQ]
今期経常を65%上方修正。

■キューブシステム <2335>
キナクシス・ジャパンと業務提携。キナクシスのアジア・パシフィック地域における支援体制の拡大をサポートする。

■サイネックス <2376>
大阪府柏原市とタッチパネル式デジタルサイネージ「わが街NAVI」の設置で協定締結。

■フルッタフルッタ <2586> [東証M]
トラ・ トレーディング・サービシズとREVOLUTION <8894> [東証2]株式に係るコールオプション契約を結び、合わせてローン契約を締結する。

■八洲電機 <3153>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.39%にあたる30万株(金額で2億7900万円)を上限に、11月19日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

■サンコーテクノ <3435> [東証2]
発行済み株式数(自社株を除く)の2.74%にあたる22万2000株(金額で1億9980万円)を上限に、11月19日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

■サムティ・レジデンシャル投資法人 <3459> [東証R]
今期経常を21%上方修正・最高益予想を上乗せ、分配金も383円増額。

■ボルテージ <3639>
無料の会員ポイントサイト「ボルテージパスポート」をプレオープン。

■ALBERT <3906> [東証M]
これまで一部の取引先のみに提供していた「研究開発支援サービス」を広く企業の研究開発部門を対象に提供を開始。3次元空間認識や動画認識などを研究するリサーチャーが最新の技術に対するアップデートを支援する。

■カナミックネットワーク <3939>
識学 <7049> [東証M]と事業提携。相互の顧客紹介や共催セミナーの実施などで上場を目指す企業を支援する。

■エコモット <3987> [東証M]
中山組と共同開発した遠隔臨場システム「Gリポート」の次世代通信規格5G対応版を提供開始。また、「Gリポート」の目標出荷数を上方修正した。

■日本システム技術 <4323>
慶應義塾大学、理化学研究所と新型コロナウイルスの重症化予測モデル開発に関する共同研究を開始。

■日医工 <4541>
抗悪性腫瘍剤/抗VEGFヒト化モノクローナル抗体であるベバシズマブのバイオシミラーの製造販売承認を申請。

■H.U.グループホールディングス <4544>
全自動検査機器におけるインフルエンザウイルス抗原検査試薬の製造販売承認を取得し、17日から保険適用となった。

■キャンバス <4575> [東証M]
米国食品医薬品局(FDA)とCBP501臨床試験に関するエンド・オブ・フェーズ1ミーティングを実施。次相臨床試験実施の妨げとなるような懸念事項などはFDAから示されなかった。

■セルソース <4880> [東証M]
脂肪由来幹細胞加工受託サービスが順天堂医院に採用。また、順天堂大学と共同研究講座「スポーツ医学・再生医療講座」を開設。

■旭精機工業 <6111> [名証2]
未定だった今期配当は70円実施。

■シャープ <6753>
日本経済新聞社が日経平均株価の構成銘柄の臨時入れ替えを発表。12月2日からNTTドコモ <9437> を除外し、シャープを新規採用する。

■識学 <7049> [東証M]
カナミックネットワーク <3939> と事業提携。相互の顧客紹介や共催セミナーの実施などで上場を目指す企業を支援する。

■NexTone <7094> [東証M]
欧州の著作権管理事業者と同社管理作品の海外利用における著作権使用料の徴収に関する徴収代行契約を締結。

■CYBERDYNE <7779> [東証M]
インド大手病院がHALシリーズを導入。脳・神経・筋系機能を改善・再生する装着型サイボーグHAL6台を出荷。

■平山ホールディングス <7781> [JQ]
発行済み株式数(自社株を除く)の0.55%にあたる2万株(金額で4400万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は11月20日から21年6月30日まで。

■オカムラ <7994>
発行済み株式数(自社株を除く)の9.06%にあたる1000万株(金額で91億円)を上限に、11月19日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施。また、取得した全株と11月18日時点で保有する自己株(206万7809株)を21年1月29日に消却する。

■菱洋エレクトロ <8068>
産業用通信プロトコルOPC UA対応のプラスチック成形機の周辺機器向けアプライアンス製品を販売開始。

■クレディセゾン <8253>
大和証券グループ本社 <8601> との資本業務提携に関する取り組みの一環として、大和証券セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを提供開始。

■シノケングループ <8909> [JQ]
中長期ビジョンを策定。2030年12月期に売上高2000億円(20年12月期計画は960億円)、営業利益170億円(同88億円)を目指す。

■日本通運 <9062>
独自開発の医薬品専用車両を導入。

■パスコ <9232>
米スカイライン・ソフトウェア・システムズと戦略的パートナーシップ提携に向けた覚書を締結。デジタルツインを実現する世界レベルの3次元空間情報ソリューションを共同開発する。

 【悪材料】  ――――――――――――

 該当銘柄なし

※11月18日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2020年11月18日]

⇒⇒ プレミアム専用 和島英樹の「明日の好悪材料Next」 はこちら

株探ニュース

日経平均