市場ニュース

戻る

【特集】「再生エネ」関連が1位にランクイン、バイデン氏当確で物色人気に<注目テーマ>

ウエストHD <日足> 「株探」多機能チャートより
★人気テーマ・ベスト10

1 再生可能エネルギー
2 電気自動車関連
3 デジタルトランスフォーメーション
4 2020年のIPO
5 5G
6 水素
7 全固体電池
8 太陽光発電関連
9 半導体
10 サイバーセキュリティ

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「再生可能エネルギー」関連が1位となっている。

 米国大統領選挙で民主党のバイデン候補の当選が確実となり、同氏は勝利宣言を行った。バイデン氏は環境・インフラに4年で2兆ドル(約206兆円)を投じることを公約に掲げており、太陽光発電やバイオマスなど環境関連への投資は今後、一気に拡大しそうだ。日本でも菅義偉首相が、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする方針を打ち出している。こうしたなか、再生可能エネを中心とする環境関連銘柄は投資の中核テーマに急浮上している。

 再生可能エネ関連株では、太陽光発電工事のウエストホールディングス<1407>、太陽光や風力、バイオマス発電を手掛けるレノバ<9519>、国内最大級のバイオマス発電所を運営するイーレックス<9517>など。それに、省エネ支援とバイオマス発電を手掛けるエフオン<9514>、電力削減コンサルティングを展開するグリムス<3150>、太陽光発電の施工・販売などを手掛ける省電舎ホールディングス<1711>などが注目される。また、エヌ・ピー・シー<6255>は太陽電池の製造装置を手掛けている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均