市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は156円安、黒田日銀総裁の会見に関心

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は156円安(14時5分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、一方、NTTデータ<9613>、中外薬<4519>、味の素<2802>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、陸運業、非鉄金属、空運業、輸送用機器、ゴム製品が値下がり率上位、倉庫運輸関連、海運業、繊維製品、その他金融業、小売業が値上がり率上位となっている。

日経平均は戻りのが重い展開となっている。15時30分に予定されている黒田日銀総裁の会見内容を確認したいとする向きもあり、積極的な買いが見送られている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均