市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は147円安、一時200円安の後は小動き

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は147円安(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、一方、中外薬<4519>、NTTデータ<9613>、味の素<2802>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、陸運業、空運業、非鉄金属、輸送用機器、ゴム製品が値下がり率上位、倉庫運輸関連、海運業、繊維製品、その他金融業、小売業が値上がり率上位となっている。

後場に入って日経平均の下げ幅は一時200円を超えたが、その後はやや下げ渋った水準で小動きとなっている。FOMCの結果や新政権の政策への期待感は株価に織り込み済みとの見方もあり、やや手掛かり材料不足との声もある。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均