市場ニュース

戻る

【市況】注目銘柄ダイジェスト(前場):イノベーション、アスクル、千趣会など

JR東日本 <日足> 「株探」多機能チャートより

JR東<9020>:6634円(-266円)
大幅続落。前日に21年3月期の業績計画を発表している。営業損益は5000億円の赤字としており、前期3808億円の黒字から大幅赤字に転落する見通し。第1四半期は1783億円の赤字であった。厳しい環境は認識されているものの、市場予想は1700億円程度の赤字であったため、想定以上の業績悪化と捉えられる。また、年間配当金は100円で、前期比65円の減配予想としている。


雪国まいたけ<1375>:2103円 -
本日東証1部に上場。公開価格2200円に対して、初値はそれを4.5%下回る2100円となり、その後も上値は限定的な動きとなっている。同社は2015年に米ベインキャピタルによるTOBで上場廃止となっており、再上場の形となる。IPO市場は総じて堅調な状況となっていたが、公開規模が447億円と2019年以降のIPOで最も大きく、投資ファンドの売出案件でもあるため、個人投資家の関心は高まりにくいようだ。


グッドライフC<2970>:1520円(+80円)
大幅に続伸。福岡市中央区の販売用不動産をマンション用地として購入すると発表している。敷地面積は182.90平方メートル。総戸数は21戸で、完成時期は22年春の予定。相手先や取引内容の詳細は非公表としている。不動産購入が将来の収益機会拡大につながるとの期待に加え、同社株がこのところ上昇基調を強めており、年初来高値(1652円)に迫りつつあることも買い意欲を刺激しているようだ。


イノベーション<3970>:4150円(+645円)
大幅に3日続伸。21年3月期の営業利益を従来予想の1.70億-2.10億円から2.70億円(前期実績1.74億円)に上方修正している。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を改めて精査した結果、対面営業の自粛による新規顧客獲得機会の損失や顧客企業の広告宣伝費抑制などによる売上高減少リスクは極めて限定的な影響にとどまると判断した。同社株が25日移動平均線を上抜けたことも投資家から好感されているようだ。


アスクル<2678>:4065円(+400円)
急騰。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は29.9億円で前年同期比2倍となった。また、通期予想は従来の72.0億円から92.0億円に上方修正、一転しての増益見通しに。eコマース市場拡大に伴うBtoB事業の売上上振れ、特需的な要因も含めた感染対策商品の売上拡大などが上方修正の背景。テレワークによる悪影響への懸念は一段と後退する形になっている。


千趣会<8165>:474円( - )
ストップ高買い気配。JR東日本<9020>との資本業務提携を発表、JR東日本が同社の第三者割当増資を約20億円引き受け、出資比率は12.46%となり筆頭株主となる。両社の商品開発やマーケティングなどのノウハウを生かし、ネット通販事業の拡大などを狙う。駅ビルや駅ナカにカタログ通販「ベルメゾン」の店舗を出店しネットとリアルを融合させるほか、両社のポイントプログラムも連携させるようだ。シナジー効果への期待や信用補完などにもつながるとの見方。


PXB<6190>:795円( - )
ストップ高買い気配。非臨床医薬品開発受託を手掛ける米Bioanalytical Systems, Inc. DBA Inotivと業務提携契約を締結したと発表している。Bioanalytical Systemsは、CRO事業の商号「Inotiv」を用いて事業展開しており、安全性及び病理学的評価の知見を武器に非臨床分野で多くの実績を有する。提携により核酸医薬分野や遺伝子治療分野、安全性分野での市場拡大を目指す。
《ST》

 提供:フィスコ

日経平均