市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:日経平均の下げ幅はやや縮小、ドル・円は105円近辺で推移

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

17日午前の東京市場でドル・円は105円近辺で推移。日経平均は109円安で推移しており、下げ幅は縮小しつつあることから、。株安を警戒したリスク回避的なドル売りは特に増えていないようだ。仲値時点のドル需要は通常並みだったようだ。米国のゼロ金利政策は2023年まで継続するとみられているが、追加緩和の思惑は後退しており、ドルは104円台後半で下げ渋る可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円88銭から105円07銭、ユーロ・ドルは1.1775ドルから1.1819ドル、ユーロ・円は123円53銭から124円09銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米中分断懸念
・米低金利政策の長期化

・NY原油先物(時間外取引):高値40.29ドル 安値40.04ドル 直近値40.06ドル

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均