市場ニュース

戻る

【材料】新興市場銘柄ダイジェスト:岩塚製菓は急反発、ステムリムがストップ高

銚子丸 <日足> 「株探」多機能チャートより

<3075> 銚子丸 1182 +89
一時ストップ高。未定としていた21年5月期業績予想を公表、営業利益予想を3.06億円(前期実績0.71億円)としている。全社的にコスト削減に取り組むほか、アフター・コロナを見据えた収益モデルへの移行を推進する。併せて発表した第1四半期決算は、営業利益が前年同期比2.2%増の2.24億円で着地した。人件費の抑制や役員報酬の減額、広告宣伝や販売促進費などを抑制した結果、増益を確保した。

<4599> ステムリム 1032 +150
ストップ高。塩野義製薬<4507>と再生誘導医薬開発候補品レダセムチドを用いた慢性肝疾患を対象とする第2相試験を医師主導治験で実施する契約を締結したと発表している。慢性肝疾患患者に対するレダセムチドの有効性及び安全性を評価することが主目的で、20年内に開始する。レダセムチドは、怪我や病気で損傷した組織を生きた細胞を用いることなく、薬の投与で再生させる再生誘導医薬の開発品。

<3490> アズ企画設計 1675 +170
一時ストップ高。不動産特定共同事業法に係る許可を取得したと発表している。不動産小口化商品を一般投資家に提供することを目的としている。許可種別は、不動産特定共同事業法第2条第4項第1号及び第2号に掲げる事業。

<6554> エスユーエス 494 +27
4日ぶり大幅反発。20年9月期の純利益を従来予想の1.17億円から2.30億円(前期実績3.37億円)に上方修正している。営業外収益として雇用調整助成金の受給を織り込んだ。一方、営業利益予想は2.17億円から1.70億円(同4.94億円)に引き下げた。新卒技術社員の派遣契約獲得が遅れたほか、既存技術社員の派遣契約の減少や新規契約獲得の遅れが響き、売上高が下振れる見込みとなったため。

<2221> 岩塚製菓 3950 +290
急反発。21年3月期の純利益を従来予想の16.00億円から21.00億円(前期実績17.69億円)に上方修正。株式を保有する中国食品メーカーWANT WANT CHINA HOLDINGS LIMITED.からの期末配当金が21.98億円となり、受取配当金が当初見込みを大幅に上回ったため。年間配当は従来予想の28円から30円に増額修正。

<3444> 菊池製作所 1025 +25
3日続伸。高出力のハルバッハモーターを手掛けるマグネイチャー(東京都八王子市)の株式を追加取得し、連結子会社化すると発表している。取得価額は1.00億円で、議決権所有割合は51.01%となる。子会社化でEV(電気自動車)に加え、中長期的には「空飛ぶ車」や再生エネルギー発電などの分野への参入も視野に入れ、ハルバッハモーターやEVパワーユニットなどの供給に向けて取り組む。
《ST》

 提供:フィスコ

日経平均