市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は35円高、海運業、ゴム製品、空運業など業種別が値下がり率上位


日経平均は35円高(11時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ダイキン<6367>、京セラ<6971>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>、KDDI<9433>などがプラス寄与上位となっており、ソフトバンクGが1銘柄で52円程押し上げている。セクターでは、海運業、ゴム製品、空運業、鉱業、建設業が値下がり率上位、情報・通信業、食料品、医薬品、精密機器、小売業が値上がり率上位となっている。

日経平均は小幅高水準で推移している。円高・ドル安が上値抑制要因だが、今日午後に新首相が選出される見込みで、次期政権の政策に対する期待感などが株価下支え要因となっている。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均