市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:ヤクルトやアコムに注目

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

15日の米国市場では、NYダウが2.27ドル高の27995.60、ナスダック総合指数が133.67pt高の11190.32、シカゴ日経225先物が大阪日中比10円高の23330。16日早朝の為替は1ドル=105円40-50銭(昨日大引け時は105.65円付近)。本日の東京市場では、米ナスダック高を手掛かりにキーエンス<6861>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>などの買いが予想される。政府の観光支援策「Go To トラベルキャンペーン」に東京都が追加されることから、JR東日本<9020>、ANA<9202>、OLC<4661>など観光関連銘柄も強含みが予想される。本日の臨時国会で菅義偉官房長官が首相に指名される見通し。菅氏が料金引き下げを強く求めているNTTドコモ<9437>をはじめとする通信大手には売り圧力が継続しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたヤクルト<2267>、東製鉄<5423>、ヤオコー<8279>、アイフル<8515>、アコム<8572>などに注目。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均