市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月16日版

NYダウは8月の月足が陽線引けする可能性が大きくなった
1. NYダウの想定できる8月の展開
 図1と図2は、過去の[[stock/0800/chart|NYダウ]]の値動きを参考に、本年7月と現時点での8月の想定できる月足の形と、8月から9月にかけての想定できる展開を表したものです。
図1 NYダウ日足、1993年パターンの展開
【タイトル】
図2 NYダウ日足、2012年パターンの展開
【タイトル】
 本年は、特別な年です。米国では大統領選の最中で、共和党と民主党が足の引っ張り合いをしていますが、どちらも景気を悪化させるような選択肢など出せるはずがありません。
 現状よりも経済指標が悪化すれば、さらなる追加の経済対策が実行されて、株価が維持されることになります。今年後半、景気が回復基調に向かうとしても、早急な財政引き締めへ向かうことなど、日本の財務省以外、どの国も頭に浮かぶことすらないでしょう。
 今年後半のNYダウは、株価が横ばいに推移するか、上昇するかのどちらかの展開になると推測できます。
 「特別な年」と書いた理由は、新型コロナウイルスによる影響があるという意味ではありません。本年は、はっきりと「政府が株価を押し下げる状況を作らないと推測できる」という意味で、めったにない特別な状況の年だという意味です。
 さて、本年後半が下値堅く推移するなら、年末へ向けて株価が堅調に推移する年になると考えられます。1985年から2019年までの期間で、年の前半から後半まで、1年を通じて上昇の流れを作った年は、「1985年、1986年、1988年、1989年、1991年、1993年、1995年、1996年、1997年、1999年、2003年、2006年、2009年、2012年、2013年、2014年、2016年、2017年、2019年」が挙げられます。
 過去の値動きを見ると、7月と8月の期間はたいていの場合、積極的な上昇の流れを作っていないことがわかります。7月と8月はどちらかが陰線で、どちらかが陽線になっているケースが目立ちます。7月と8月が連続で(1~6月までの月足との比較で)通常の幅以上の陽線をつけるケースは見られません。7月、8月のどちらかで通常の値幅の陽線(または大陽線)が表れている場合、8月か9月のどちらかで、上げ分を押し戻される陰線をつけています。
 本年8月は月初から一本調子に上昇しているため、すでに月足が陽線引けする展開になる公算です。7月の月足は、1~6月までの変動幅を考慮すると、上下にヒゲのある小陽線という見方になります。
 本年の7月、8月は、ともに陽線引けするケースです。過去に似た展開になっている年は、1993年、2003年、2006年、2012年などが挙げられます。
 8月の展開次第で、今後の展開は2通りのパターンに分けることができます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均