市場ニュース

戻る

【特集】均衡表【買いシグナル】低PER 33社選出 <テクニカル特集> 8月11日版

TOYO <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより
 11日の東京株式市場は前日のNYダウの大幅高などを受け、大型の景気敏感株などを中心に広範囲に買い戻される流れとなり、日経平均株価は急速に切り返した。外国為替市場で1ドル=106円台に入るなど円安方向に振れたことも追い風材料となり、これまで売り込まれていた不動産鉄鋼株などを買い戻す動きが表面化した。アジア株市場が総じて堅調で特に香港ハンセン指数が4日ぶりに急反発に転じたことや、米株価指数先物が買い優勢の展開となったことも投資家心理を強気に傾けた面がある。日経平均終値は前営業日比420円高の2万2750円と4日ぶり急反発。東証1部の値上がり銘柄数は1810、値下がり銘柄数は330、変わらずは33。

 本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」に注目。東証1部において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」銘柄 63社の中から、予想PERが 20倍を下回り上値余地があるとみられる 33社を選び出しました。

 ⇒⇒ 2部・新興市場を含めた全銘柄版「一目均衡表・3役好転」も、併せてご活用ください。

    銘柄名     PER PBR
<3454> Fブラザーズ   4.5  0.71
<8416> 高知銀      5.7  0.10
<3245> ディアライフ   7.4  1.58
<8418> 山口FG     7.9  0.28
<7607> 進和       8.1  0.96
<8392> 大分銀      8.8  0.20
<1930> 北陸電工     8.9  0.65
<7570> 橋本総業HD   9.7  0.95
<2374> セントケア    9.8  1.07
<5021> コスモHD    9.9  0.60

<8904> アバンティア   10.1  0.53
<1945> 東京エネシス   10.5  0.44
<4404> ミヨシ      10.6  0.48
<7605> フジコーポ    10.8  1.24
<7811> 中本パックス   11.0  1.04
<8830> 住友不      11.2  1.05
<6328> 荏原実業     11.5  1.19
<8173> 上新電      12.0  0.67
<7702> JMS      13.5  0.66
<1951> 協エクシオ    14.0  1.12

<9765> オオバ      14.0  1.42
<9310> トランシティ   14.9  0.55
<6332> 月島機      15.1  0.82
<4189> KHネオケム   16.0  1.92
<6455> モリタHD    16.0  1.24
<2281> プリマ      16.3  1.57
<1726> Br.HD    18.4  3.74
<4517> ビオフェル    18.4  0.96
<6316> 丸山製      18.5  0.39
<6454> マックス     18.5  1.04

<2904> 一正蒲鉾     18.6  1.67
<5105> TOYO     18.8  1.25
<6134> FUJI     19.9  1.09


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均