市場ニュース

戻る

【材料】イー・ガーディアン---3Qは2ケタ増収増益、ソーシャルサポートが好調に推移

イーガーディ <日足> 「株探」多機能チャートより

イー・ガーディアン<6050>は3日、2020年9月期第3四半期(19年10月-20年6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比18.2%増の57.17億円、営業利益が同11.6%増の9.63億円、経常利益が同13.1%増の10.06億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同13.5%増の6.86億円となった。

ソーシャルサポートの売上高は前年同期比33.9%増の23.68億円となった。新型コロナウイルスの影響によるリモートワークの増加や外出自粛によって、インターネットサービスは需要が増えたもの、減少したもの等、大小様々な影響が出ている。その中で、コロナ禍においても成長を続ける動画領域に注力した。これまでに蓄積したノウハウとAIの活用により高効率を実現し、売上を拡大した。

ゲームサポートの売上高は前年同期比2.0%減の18.80億円となった。海外子会社E-Guardian Philippines Inc.との連携により、マルチリンガルでのカスタマーサポート、ローカライズサービスを提供するなど,海外ゲーム企業の多言語案件受注に注力した。

アド・プロセスの売上高は前年同期比16.1%増の7.36億円となった。サイバー・コミュニケーションズと合弁により、広告・マーケティングに特化したBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)事業を展開するビズテーラー・パートナーズを設立した。培ってきたBPOノウハウと、サイバー・コミュニケーションズの広告業務オペレーションノウハウを活かすことにより、広告業界の課題である人材不足の解消を目指す。

その他の売上高は前年同期比41.9%増の7.32億円となった。サイバーセキュリティ業務は、グレスアベイルが国内初のコンテナ型WEBセキュリティファイアウォールである「GUARDIAX」を開発した。「GUARDIAX」はAIによる自動解析制御や高度ログ分析等の高度な機能をもち、サイバー攻撃被害の最小化に貢献する。また、デバッグ業務は、EGテスティングサービスが、ソフトウェアのデバッグ事業とシナジーを発揮し、既存顧客への深耕営業や新規開拓を目指した。

2020年9月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比13.2%増の74.00億円、営業利益が同2.9%増の12.01億円、経常利益が同1.6%増の12.21億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.2%増の8.50億円とする期初計画を据え置いている。

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均