市場ニュース

戻る

【通貨】来週の為替相場見通し=米7月雇用統計に注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 来週の外国為替市場のドル円相場は、米7月雇用統計が注目される。予想レンジは1ドル=103円60~105円70銭。

 今週は急激なドル安・円高が進行し、一時104円10銭台をつけた。この背景には米連邦公開市場委員会(FOMC)でハト派姿勢が示されたことに加え、米景気に対する先行き不透明感がある。30日の新規失業保険申請件数が前週に比べ増えたことなどが警戒された。その意味で、来週に発表される米経済指標に対する注目度は高い。3日の米7月ISM製造業景気指数のほか、5日の米7月ADP雇用統計、同日の米7月ISM非製造業景気指数、そして7日の米7月雇用統計と続く。特に、米雇用統計が弱い結果となった場合、一段のドル安・円高が進行しそうだ。





出所:MINKABU PRESS

日経平均