市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:一時1ドル105円10銭台に上昇、ゴトー日に伴うドル買い思惑も

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 30日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=105円02銭前後と前日の午後5時時点に比べ20銭強のドル高・円安となっている。

 29日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=104円92銭前後と前日に比べ20銭弱のドル安・円高で取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融緩和策の継続が決まったことを受け、一時104円77銭と約4か月半ぶりのドル安・円高水準まで軟化した。

 ただ、米金融緩和の長期化観測を背景に米株式相場は上昇しており、リスクオンの動きがドルを下支え。この日の東京市場はゴトー日(5のつく日と10のつく日)に伴う国内輸入企業などのドル買い思惑が高まりやすいこともあり、午前9時30分過ぎには105円15銭まで上昇する場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1780ドル前後と前日の午後5時時点に比べ0.0020ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=123円70銭前後と同40銭強のユーロ高・円安で推移している。


出所:MINKABU PRESS

日経平均