市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は105円台前半で推移、やや下げ渋る状態が続く

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

28日午前の東京市場でドル・円は、105円30銭台で推移し、やや下げ渋る状態が続いている。ただし、米中対立の長期化観測などがドルの反発を抑えており、新たなドル買い材料が提供されない場合、リスク選好的なドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円22銭から105円43銭、ユーロ・ドルは1.1747ドルから1.1774ドル、ユーロ・円は123円77銭から123円99銭。

■今後のポイント
・米国などにおけるウイルス感染拡大を懸念
・米中対立の長期化懸念
・米雇用情勢のさらなる改善は期待薄との見方

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均