市場ニュース

戻る

【材料】リプロセルが5日ぶり反発、「ステムカイマル」第2相臨床試験で全10医療機関と治験契約締結

リプロセル <日足> 「株探」多機能チャートより
 リプロセル<4978>が5日ぶりに反発している。20日の取引終了後、開発中の脊髄小脳失調症を対象とした再生医療製品「ステムカイマル」の第2相臨床試験について、全10医療機関との治験契約締結を完了したと発表しており、これが好感されている。

 従来は名古屋大学、国立精神・神経医療研究センターの2医療機関と治験契約を結んでいたが、今回新たに8医療機関と契約したことで、ステムカイマルの安全性及び有効性を評価する第2相臨床試験を10病院で実施することが可能となり、治験の組み入れを加速するという。同治験では計53例を予定しており、治験終了は21年12月を予定。その後速やかに承認の取得を目指すとしている。なお、ステムカイマルは希少疾病用再生医療等製品に指定されているため、審査期間が通常よりも短縮される見通しだ。

出所:MINKABU PRESS

日経平均