市場ニュース

戻る

【市況】【↓】日経平均 大引け| 反落、新型コロナの感染者数増加を警戒し売り優勢 (7月16日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  22907.96
高値  22925.90(09:46)
安値  22739.42(14:32)
大引け 22770.36(前日比 -175.14 、 -0.76% )

売買高  14億7564万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆4595億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は前日比175円安と反落、下げ幅は一時200円を超す
 2.前日大幅高の反動で利益確定売り優勢、新型コロナの感染者数増加を警戒
 3.中国4~6月期GDPは前年比3.2%増と予想上回るが反応は限定的
 4.東エレクやアドテスト、レーザーテクといった半導体関連株が軟調
 5.空運や銀行、鉄鋼、不動産といった景気敏感株が買い優勢で値を上げる

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比227ドル高と4日続伸した。新型コロナウイルスに対するワクチン開発への期待が膨らみ、買いが優勢となった。

 東京市場では日経平均株価は反落、下げ幅は一時200円を超した。新型コロナウイルスの感染者数の増加が懸念されるなか、半導体関連などハイテク株が軟調だった。

 15日の米株式市場ではNYダウは上昇したが、日経平均は前日に急伸していたこともあり、この日は利益確定売りが優勢となった。オランダの半導体製造装置メーカーASMLの決算が市場予想を下回ったこともあり、半導体関連などハイテク株が軟調に推移した。東京都の新型コロナ感染者数が280人台と過去最多になる見通しと伝わったことも嫌気された。中国の4~6月期の国内総生産(GDP)、実質で前年同期比3.2%増と市場予想(2.5%増)を上回ったが市場の反応は限定的だった。

 個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>や任天堂<7974>が安く、東京エレクトロン<8035>やレーザーテック<6920>、アドバンテスト<6857>が値を下げた。村田製作所<6981>や富士通<6702>が安く、キーエンス<6861>やファナック<6954>、SMC<6273>が売られた。エムスリー<2413>やアンジェス<4563>も軟調だった。
 半面、空運や銀行、鉄鋼、不動産といった景気敏感株が堅調。日本航空<9201>やANAホールディングス<9202>が買われ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>が上伸。日本製鉄<5401>、三井不動産<8801>が値を上げた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、京セラ <6971> 、住友不 <8830> 、エプソン <6724> 、テルモ <4543> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約38円。うち21円はファストリ1銘柄によるもの。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄は東エレク <8035> 、中外薬 <4519> 、ファナック <6954> 、SBG <9984> 、エムスリー <2413> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約109円。

 東証33業種のうち上昇は16業種。上昇率の上位5業種は(1)空運業、(2)不動産業、(3)その他金融業、(4)鉄鋼、(5)繊維製品。一方、下落率の上位5業種は(1)医薬品、(2)電気・ガス業、(3)情報・通信業、(4)サービス業、(5)精密機器。

■個別材料株

△ジェネパ <3195> [東証M]
 6月度売上高は78%増で過去最高を達成。
△メディアドゥ <3678>
 第1四半期経常は6割増。
△テラスカイ <3915>
 第1四半期は大幅増収増益。
△パーク24 <4666>
 タイムズパーキング売上高の回復基調を好感。
△ベイカレント <6532>
 第1四半期営業利益は82%増。
△きずなHD <7086> [東証M]
 21年5月期営業利益は23%増を見込む。
△東京衡機 <7719> [東証2]
 で第1四半期の経常利益5倍化。
△CSランバー <7808> [JQ]
 前期経常の計画上振れと今期最高益見通しを好感。
△プロルート <8256> [JQ]
 天猫国際モールにカラタスシャンプー海外旗艦店を出店へ。
△日本取引所 <8697>
 日経平均臨時入れ替えで新規採用。

▼ヨシムラHD <2884>
 3-5月期(1Q)経常は59%減益で着地。
▼サイステップ <3810> [東証2]
 前期業績の下振れ着地と今期減益予想。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ダントーHD <5337> 、(2)PRTIME <3922> 、(3)テラスカイ <3915> 、(4)ベイカレント <6532> 、(5)メディアドゥ <3678> 、(6)RPA <6572> 、(7)LTS <6560> 、(8)Jディスプレ <6740> 、(9)パーク24 <4666> 、(10)インソース <6200> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ヨシムラHD <2884> 、(2)ITメディア <2148> 、(3)北の達人 <2930> 、(4)ファマライズ <2796> 、(5)エスクロAJ <6093> 、(6)GMOクラウ <3788> 、(7)大有機 <4187> 、(8)トビラシステ <4441> 、(9)GMO-PG <3769> 、(10)グロバルLM <3486> 。

【大引け】

 日経平均は前日比175.14円(0.76%)安の2万2770.36円。TOPIXは前日比10.45(0.66%)安の1579.06。出来高は概算で14億7564万株。東証1部の値上がり銘柄数は721、値下がり銘柄数は1387となった。日経ジャスダック平均は3425.67円(7.84円安)。

[2020年7月16日]


株探ニュース

日経平均