市場ニュース

戻る

【特集】買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 22社 <テクニカル特集> 7月2日版

ヤマシタHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 2日の東京株式市場は、強弱感が対立するなか方向感が定まりにくい地合いとなった。前日の米国株市場ではナスダック総合指数が過去最高値を更新したが、東京市場ではこれを手掛かりとする動きは限定的だった。東京都内で新規感染者数が再び100人を超えたことが伝わると、緊急事態宣言が再度発令されることへの警戒感が市場心理を冷やす形となった。日本時間今晩に発表される6月の米雇用統計の結果を見極めたいとの思惑もあり、上値を買い進む動きは限られた。日経平均株価終値は前日比24円高の2万2145円と小幅反発。東証1部の値上がり銘柄数は753、値下がり銘柄数は1343、変わらずは73。

 本特集では、東証1部銘柄の中で株価が25日移動平均線を上抜いた銘柄に注目。その中から予想PERが 20倍を下回る上昇余力があるとみられる22社をピックアップしました。

※移動平均線が下降から上昇に転じる過程で株価が上に突き抜ける時は、重要な買いの局面となる(グランビルの法則)。

 ⇒⇒ 2部・新興市場を含めた全銘柄版「25日線上抜け」も、併せてご活用ください。

    銘柄名     PER PBR
<1887> 日本国土開発   6.1  0.75
<7181> かんぽ生命    6.5  0.42
<6236> NCHD     7.6  0.44
<7167> めぶきFG    8.9  0.33
<8586> 日立キャピ    10.1  0.73

<8563> 大東銀      11.5  0.21
<9997> ベルーナ     11.7  0.60
<4956> コニシ      11.9  0.91
<8385> 伊予銀      11.9  0.32
<9265> ヤマシタHD   11.9  0.74

<6037> ファストロジ   13.3  1.97
<6485> 前沢給装     13.7  0.66
<6171> 土木管理     15.6  1.31
<4526> 理ビタ      16.1  1.16
<4462> 石原ケミ     16.2  0.83

<2908> フジッコ     17.0  0.87
<1780> ヤマウラ     17.1  1.05
<8363> 北国銀      18.0  0.35
<3421> 稲葉製作     18.5  0.64
<4617> 中国塗      18.7  0.80

<4951> エステー     18.7  1.26
<9672> 東競馬      18.9  1.63


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均