市場ニュース

戻る

【材料】パソナGが反落、人材派遣の回復遅れ20年5月期業績は計画下振れ

パソナG <日足> 「株探」多機能チャートより
 パソナグループ<2168>が反落している。6月30日の取引終了後、集計中の20年5月期連結業績について、売上高が3440億円から3249億円(前の期比0.6%減)へ、営業利益が110億円から105億円(同10.9%増)へ、純利益が23億円から5億5000万円(同72.2%減)へ下振れて着地したようだと発表しており、これが嫌気されている。

 派遣法改正の影響によりエキスパートサービス(人材派遣)の回復が予定より遅れたことに加えて、第4四半期には新型コロナウイルス感染症拡大の影響を各事業で受けたことが要因としている。

出所:MINKABU PRESS

最終更新日:2020年07月02日 10時02分

日経平均