市場ニュース

戻る

【市況】1日の株式相場見通し=米株高受け続伸、リスク選好も上値重いか

 1日の東京株式市場は、日経平均が強含みで推移するものの上値の重い展開が予想される。前日の米国株市場ではNYダウやナスダック総合指数など主要株指数が総じて高く、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が2.7%高と大幅続伸するなどハイテク株中心に上値指向を強めた。外国為替市場でも1ドル=108円近辺と円安水準で、東京市場でもリスクオンの流れが意識される。ただ、日経平均は2万2000円台半ばでは戻り売り圧力の強さが観測されているほか、テクニカル的にも直近25日移動平均線を下回る位置にあり、新型コロナウイルスの感染拡大懸念や米中摩擦の先鋭化などを背景に上値を積極的に買い進む動きも見込みにくい。

 30日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比217ドル08セント高の2万5812ドル88セントと続伸。ナスダック総合株価指数は、同184.613ポイント高の1万58.766だった。

 日程面では、きょうは6月の日銀短観、6月の消費動向調査、6月の新車販など。海外では6月の財新中国製造業PMI、6月の独失業率、6月のADP全米雇用リポート、6月のISM製造業景況感指数、5月の米建設支出など。また、FOMC議事要旨(6月9~10日開催分)が発表される。

出所:MINKABU PRESS

日経平均