市場ニュース

戻る

【市況】東京株式(寄り付き)=強弱感対立、円高警戒で不安定な動き

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 24日の東京株式市場は売り買い交錯、寄り付きの日経平均株価は前営業日比8円安の2万2541円と小幅反落。

 前日の欧米株が総じて上昇しており、米国株市場ではハイテク株比率の高いナスダック総合指数は8日続伸し連日の最高値と世界株高の様相が強い。しかし、外国為替市場ではドルが各国主要通貨に対し売られており、ドル・円相場も足もと1ドル=106円台半ばの推移と約1か月半ぶりの円高水準にある。これが主力輸出株などにネガティブに働いている。米国での新型コロナウイルス感染拡大に対する懸念もくすぶるなか、2万2000円台半ばは強弱感が対立、取引時間中は米株価指数先物を横目に神経質な展開が予想される。

出所:MINKABU PRESS

日経平均