市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:NYダウ131ドル高、米中貿易協定の続行で見通し改善

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

米国株式相場は続伸。ダウ平均は131.14ドル高の26156.10ドル、ナスダックは74.89ポイント高の10131.37ポイントで取引を終了した。トランプ政権が米中貿易第1段階貿易協定の続行を再確認したほか、クドロー国家経済会議(NEC)委員長がウイルス感染第2波の兆候は見られず経済を再度封鎖する可能性を否定したため、景気回復期待が強まり大きく上昇して寄り付いた。さらに、ムニューシン米財務長官が真剣に追加救済策を協議しており7月にも可決されるとの見通しを示したことも好感された。セクター別では、耐久消費財・アパレル、テクノロジー・ハード・機器が上昇した一方、公益事業が下げた。

ハイテクセクターが堅調推移となり、オンライン小売りのアマゾン(AMZN)や動画配信サービスのストリーミングのネットフリックス(NFLX)は過去最高値を更新。利回りの上昇が好感され、大手銀のJPモルガン(JPM)やシティグループ(C)などが軒並み上昇した。また、カジノを運営するペン・ナショナル・ゲーミング(PENN)はほとんどの店舗の営業再開を発表し急伸。音楽配信サービスのスポティファイ(SPOT)はメディアのコムキヤスト(CMCSA)との提携が好感され上昇した。一方、代替肉メーカービヨンドミート(BYND)は、コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)が競合他社インポッシブルフーズ社の代替肉を採用した朝食メニューを加えると発表し下落した。

ムニューシン米財務長官は米国経済が年末までにリセッションを脱する可能性があると楽観的見通しを示した。





Horiko Capital Management LLC

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均