市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=米6月PMIなどに注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米6月購買担当者景気指数(PMI)などが注目されそうだ。予想レンジは1ドル=106円70~107円60銭。

 きょうの東京市場ではナバロ米大統領補佐官が「中国との通商協議は終わった」と発言したとの一部報道を受け、ドル円相場が乱高下する場面があった。今晩は米6月PMIが発表される。米5月製造業PMIは39.8だったのに対して、市場では好不況の分かれ目である50.0まで回復するとの見方が出ており、その結果が注目される。また、米5月新築住宅販売件数や米6月リッチモンド連銀製造業指数も発表される。




出所:MINKABU PRESS

日経平均