市場ニュース

戻る

【市況】23日の日本国債市場概況:債券先物は152円17銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2020年9月限
寄付152円13銭 高値152円25銭 安値152円12銭 引け152円17銭
売買高総計13519枚

2年 413回 -0.150%
5年 143回 -0.115%
10年 358回 0.005%
20年 172回 0.390%

債券先物9月限は、152円13銭で取引を開始。ナバロ米大統領補佐官が「中国との通商合意は終わった」と述べたと伝えられとことで買いが一時強まり、152円12銭から152円25銭まで上げた。その後、トランプ米大統領、ナバロ補佐官の否定コメントを受けていったん売られ、再び152円12銭をつけた。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は0.19%、10年債は0.71%、30年債は1.47%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.43%、英国債は0.21%、オーストラリア10年債は0.89%、NZ10年債は0.90%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・18:30 南ア・1-3月期失業率(予想:29.7%、10-12月期:29.1%)
・22:45 米・6月製造業PMI速報値(予想:50.0、5月:39.8)
・22:45 米・6月サービス業PMI速報値(予想:48.0、5月:37.5)
・23:00 米・5月新築住宅販売件数(予想:64.0万戸、4月:62.3万戸)
・23:00 米・6月リッチモンド連銀製造業指数(予想:-2、5月:-27)
・02:00 米財務省2年債入札
・02:00 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均