市場ニュース

戻る

【特集】DEAR・L Research Memo(9):2020年9月期は配当金年27円、配当性向40%を予想

ディアライフ <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策

ディア・ライフ<3245>は株主還元策として配当を実施している。配当の基本方針としては、財務体質強化と内部留保の確保を図る一方、株主への利益還元を重要な経営課題としており、配当性向40%を目指して配当を実施する。また、自社株式の取得に関しても、株価の推移や財務状況等を勘案し、機動的に行う方針である。

過去5年間の実績では、2014年9月期から2019年9月期に配当金は7.7倍に増加した。背景としては、業容が拡大し増益を続けていることと、配当性向を30%前後から40%前後に上げてきたという2点が挙げられる。2020年9月期の配当金は28円、配当性向は40%を予想する。中期経営計画では、2021年9月期に経常利益50億円(2019年9月実績は34億円)を目標にしている。計画どおり達成されれば、利益が急成長するため増配ペースもハイペースになることが期待できる。

株主優待制度としては、「ディア・ライフ プレミアム優待倶楽部」がある。長期かつ安定的に株式を所有してもらうことを目的に、500株以上の株主を対象に、段階的にポイントが付与される。ポイントは、特設インターネット・サイトにおいて、食品、電化製品、ギフト、旅行・体験、に交換できる。自由に選べることで株主に好評を得ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均