市場ニュース

戻る

【材料】◎23日前場の主要ヘッドライン

・ソフトバンクGは6日続伸、最大1億9831万株のTモバイル株を売却へ
・富士通が3日ぶり反発、スパコン「富岳」が世界首位獲得を好感
・ANAPはS高、ファッションEC向け人物画像/動画切り抜きシステムを開発
・ソフトマックス急騰で1000円大台乗せ、電子カルテで需要開拓し業績絶好調
・中村超硬はS高、上場廃止にかかる猶予期間から解除
・京都友禅が一時S高、EC事業を7月にスタート
・アートSHDが急騰で800円台乗せ、車載向け画像認識ソフトで思惑
・タマホームが大幅反発、地域限定商品の利益率改善で20年5月期業績を上方修正
・西松屋チェが大幅反発、6月既存店売上高が34%増で8カ月連続前年上回る
・キーウェアが大幅高で4ケタ大台にらむ、院内感染防止で脚光
・GSユアサが続伸、車載用リチウムイオン電池が新型ハリアーに採用
・エーアイは大口買い流入で6連騰、音声合成エンジン「AITalk」で新展開
・ディディエスがカイ気配、万能認証基盤「Themis スクールパック」を商品化

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:MINKABU PRESS

日経平均