市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は動意薄、円売り基調は継続

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

22日午後の東京市場でドル・円は106円90銭台と、動意の薄い値動きが続く。日経平均株価は上げ幅を縮小したが、プラス圏の維持で日本株高を好感した円売りは継続しているもよう。また、ドル売りを背景としたクロス円の上昇で、ドル・円は下げづらいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円76銭から106円94銭、ユーロ・円は119円31銭から119円80銭、ユーロ・ドルは1.1169ドルから1.1204ドル。

《TY》

 提供:フィスコ

日経平均