市場ニュース

戻る

【市況】22日の日本国債市場概況:債券先物は152円44銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2020年6月限
寄付152円37銭 高値152円47銭 安値152円35銭 引け152円44銭
売買高総計12190枚

2年 412回 -0.180%
5年 143回 -0.145%
10年 358回 -0.010%
20年 172回 0.320%

債券先物6月限は、152円37銭で取引を開始。米中対立激化への懸念からリスク回避ムードが高まったほか、財務省が実施した流動性供給入札が無難な結果になったことから買いが優勢になり、152円35銭から152円47銭まで上昇した。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>
2年債は0.16%、10年債は0.64%、30年債は1.35%近辺で推移。
債券利回りはほぼ低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.50%、英国債は0.15%、オーストラリア10年債は0.86%、NZ10年債は0.60%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 カナダ・3月小売売上高(前月比予想:-10.5%、2月:+0.3%)

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均