市場ニュース

戻る

【市況】反発、転換線上向き買い圧力の回復示唆/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]2日の米国市場ではNYダウが469.33ドル高の21413.44、ナスダック総合指数が126.73pt高の7487.31、シカゴ日経225先物は大阪日中比220円高の18080円。本日の日経平均は反発が予想される。昨日はローソク足がヒゲと胴体がともに短い陰線を引き、強弱感の対立を窺わせた。25日移動平均線の下降が続く一方、日足一目均衡表の転換線は2月から始まったコロナ暴落以降で初めて上向き、大勢弱気ながら買い圧力の回復を示唆している。このため、本日は5日線に向けた株価上昇が予想され、短期的な下値メドとしては昨日ザラ場安値17707.66円が意識されよう。

[予想レンジ]上限18150円-下限17700円
《YN》

 提供:フィスコ

日経平均