市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:ヤマダ電、テルモ、西松屋チェ

ヤマダ電 <日足> 「株探」多機能チャートより
■ヤマダ電機 <9831>  474円  +56 円 (+13.4%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 1日に発表した「11.4%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の11.4%にあたる1億株(金額で500億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は4月2日から21年3月24日まで。

■テルモ <4543>  3,609円  +70 円 (+2.0%)  11:30現在
 テルモ<4543>が反発している。きょう付けの日本経済新聞で「新型コロナウイルスの感染者が増え、肺炎の治療向けの人工心肺装置(ECMO)の需要も高まる中、国内最大手のテルモが生産量を現在の倍以上に増やす」と報じられており、これが好材料視されている。記事によると、同社は国内市場で約7割のシェアを持ち、年間百数十台を生産しているが、短期での増産体制を敷き、今後数カ月以内の間に国内の治療施設に100台超のECMOを供給できるようにするとしている。また、装置に接続して使用する消耗品(回路)についても増産の準備を進めているとしている。

■西松屋チェーン <7545>  725円  +11 円 (+1.5%)  11:30現在
 西松屋チェーン<7545>が4日ぶりに反発。1日大引け後に本決算を発表。20年2月期の経常利益(非連結)は前の期比40.3%減の23億4800万円に落ち込んだものの、続く21年2月期は前期比2.1倍の50億円に急拡大する見通しとなり、これを好感する買いが優勢となっている。前期は暖冬による冬物衣料の苦戦が響いた。今期は不採算店舗の閉店と新規出店を進めるほか、プライベートブランド商品の品揃え拡充を図る。また、在庫管理の徹底による値下げロス削減や店舗運営の効率化を通じ、採算改善を目指す。なお、新型コロナウイルスの影響は織り込んでいない。併せて、香港の大手ドラッグストアチェーン「Watsons」でプライベートブランド商品を販売開始することも明らかにしている。

■高島屋 <8233>  916円  -25 円 (-2.7%)  11:30現在
 高島屋<8233>は4日続落している。1日の取引終了後、3月度の店頭売上速報を発表しており、高島屋単体と国内百貨店子会社を含む合計の既存店売上高が前年同月比35.1%減になったと発表したことが嫌気されている。新型コロナウイルスの感染拡大により、外出を控える動きが全国的に広がったことに加え、行政からの外出自粛要請などを受けて一部店舗を臨時休業したことなどが影響した。また、同社では2月28日から8店舗で営業時間の短縮を行っている。なお、免税売り上げは同92.5%減と、2月に引き続き大幅な落ち込みとなった。

■松屋 <8237>  591円  -11 円 (-1.8%)  11:30現在
 松屋<8237>が大幅続落。1日取引終了後、3月売上速報を発表しており、銀座店と浅草店を合わせた銀座本店の売上高は前年同月比40.3%減と2月に引き続き大幅減収となったことが嫌気された。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、営業時間を短縮したことに加え、2日間の臨時休業を実施したことが大きく響いた。また、免税売上高も化粧品を軸に大幅に減少したほか、外出自粛要請を受けて国内需要も落ち込んだ。

■クラウドワークス <3900>  856円  +150 円 (+21.3%) ストップ高   11:30現在
 クラウドワークス<3900>はストップ高。この日朝方、運営するクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」で、新型コロナウイルス感染症の影響を受け拡大する企業の在宅勤務需要などの要因を受けて3月の新規法人発注者が19年12月比52%増と高水準で推移していると発表しており、これが好感されている。特に、「動画制作」発注者数は月を追うごとに増加しており、広告・PR用(漫画)が前年12月比2.8倍、広告・PR用(撮影)が同2.3倍、イベント・セミナー動画が同2.1倍)と急拡大しているという。

■ソフトマックス <3671>  624円  +100 円 (+19.1%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ソフトマックス<3671>がストップ高買い気配。1日の取引終了後、ソラスト<6197>と医療領域のICT活用に関して包括的な業務提携を締結したと発表しており、これが好感されている。今回の提携は、販路の拡大やシステム導入体制の強化を図るのが狙い。今後は、両社の強みや基盤を生かしたサービスの連携及び開発を順次開始する予定で、ソフトMAXのシステム導入・保守でソラストが有するサポートサービスとの連携や、中小病院を主なターゲットとした、ソフトMAXのシステムとソラストの医療事務受託事業のサービスを統合した競争力の高い新たなサービスの展開などを行うとしている。

■IC <4769>  678円  +51 円 (+8.1%)  11:30現在
 インフォメーションクリエーティブ<4769>は大幅高。1日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(19年10月~20年3月)連結業績について、営業利益を3億100万円から3億6300万円(前年同期比14.5%増)へ、純利益を2億2600万円から4億5800万円(同2.0倍)へ見直した。並びに20年9月期通期の純利益予想を4億200万円から5億8500万円(前期比55.6%増)へ上方修正しており、これらを好感した買いが入っている。上期は、生産性の向上や諸経費の削減、一部販管費の発生が第3四半期以降にずれ込んだことで営業利益を押し上げた。また純利益については、投資会社インテグラルの100%子会社であるK2TOPホールディングス(東京都千代田区)による豆蔵ホールディングス<3756>に対する公開買い付けへの応募結果に伴い、投資有価証券売却益2億800万円を計上したことが寄与するという。なお、通期営業利益は5億2600万円(同5.9%増)の従来予想を据え置いた。

■ワッツ <2735>  615円  +45 円 (+7.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率10位
 ワッツ<2735>が急伸。株価は一時前日に比べ14%高に買われ、年初来高値を更新した。1日の取引終了後、20年8月期第2四半期(19年9月~20年2月)業績予想の増額修正を発表したことが好感されている。売上高は255億円から259億8200万円(前年同期比1.3%増)に見直したほか、営業利益は3億円から7億8600万円(同2.1倍)、純利益は1億2000万円から4億2000万円(同4.1倍)に修正した。100円ショップ事業で100円以外の価格帯の商品導入を進めてきた効果が想定より早く現れたほか、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うマスク・除菌関連製品の需要増により、既存店売上高が想定を上回り好調に推移した。また、新店や改装などの設備投資抑制や運搬費、光熱費などの経費削減により販管費が想定より抑えられたことも利益増に寄与した。

■日本フイルコン <5942>  439円  -47 円 (-9.7%)  11:30現在  東証1部 下落率5位
 日本フイルコン<5942>が急落。株価は約10%安に売られている。1日、20年11月期業績予想の下方修正を発表したことが嫌気された。売上高は258億円から250億円(前期比1.2%増)に修正したほか、営業利益は10億円から5億5000万円(同12.3%減)、純利益は8億円の黒字から5億5000万円の黒字(前期は4億4500万円の赤字)に見直した。国内外の景気減速や新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、得意先が操業停止を余儀なくされ受注は低迷している。産業用機能フィルター・コンベア事業の主要得意先のひとつである食品業界で設備投資が想定よりも低調となったことも響く。これに伴い、産業用機能フィルター・コンベア事業と電子部材・フォトマスク事業で売上高が減少する。利益面では、エッチング加工製品分野の基礎技術に関する特許権者へのライセンス料を費用計上したことも減益要因となる。

■さいか屋 <8254>  402円  +2 円 (+0.5%)  11:30現在
 1日に発表した「上場廃止に係る猶予期間が解除」が買い材料。
 時価総額の上場廃止に係る猶予期間が解除。

■ワークマン <7564>  5,880円  +140 円 (+2.4%)  11:30現在
 1日に発表した「3月売上高は前年同月比17.7%増」が買い材料。
 3月既存店売上高は前年同月比17.7%増と増収基調が続いた。

■阪和興業 <8078>  1,566円  -50 円 (-3.1%)  11:30現在
 1日に発表した「53億円の投資有価証券評価損計上」が売り材料。
 1-3月期に53億3900万円の投資有価証券評価損を計上。20年3月期連結業績への影響は集計中。

■SRAホールディングス <3817>  1,974円  -58 円 (-2.9%)  11:30現在
 1日に発表した「39億円の特別損失を計上」が売り材料。
 20年3月期に投資有価証券評価損39億5700万円を特別損失に計上。公表済の連結業績予想は下方修正の見込み。

●ストップ高銘柄
 ヘリオスTH <6927>  374円  +80 円 (+27.2%) ストップ高   11:30現在
 レオクラン <7681>  1,981円  +400 円 (+25.3%) ストップ高買い気配   11:30現在
 Welby <4438>  1,649円  +300 円 (+22.2%) ストップ高買い気配   11:30現在
 インフォネット <4444>  866円  +150 円 (+21.0%) ストップ高   11:30現在
 セリオ <6567>  633円  +100 円 (+18.8%) ストップ高   11:30現在
 など、12銘柄

●ストップ安銘柄
 ハナツアーJ <6561>  550円  -100 円 (-15.4%) ストップ安   11:30現在
 など、1銘柄

株探ニュース

日経平均