市場ニュース

戻る

【特集】均衡表【買いシグナル】高ROE 15社選出 <テクニカル特集> 3月31日版

明治HD <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより
 31日の東京株式市場は、前日の米国株市場でNYダウが690ドル高と大きく切り返したことを受け買いが先行。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を警戒して上値は重く、後場に入ると値を消す展開に。都市封鎖などに対する警戒感も根強く、後場は一転して下値を探る展開となった。日経平均株価は前日比167円安の1万8917円と続落、3月期末は3年ぶりに1万9000円割れでの着地。東証1部の値上がり銘柄数は546、値下がり銘柄数は1581、変わらずは39。

 本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と経営の効率性を判断する指標として重要視されているROE(自己資本利益率)の高い銘柄に注目しました。東証1部において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い、「3役好転」銘柄をピックアップ。その中からROEの基準とされる8%以上の銘柄 15社を選び出しました。

 ⇒⇒ 2部・新興市場を含めた全銘柄版「一目均衡表・3役好転」も、併せてご活用ください。

    銘柄名    ROE  PER
<3064> モノタロウ   35.08  54.8
<8771> イー・ギャラ  19.95  30.5
<7956> ピジョン    18.61  39.4
<4452> 花王      18.36  27.0
<6036> KeePer  16.53  22.0

<3549> クスリアオキ  15.00  30.4
<3349> コスモス薬品  14.32  26.6
<3141> ウエルシア   12.92  39.4
<2269> 明治HD    12.12  16.5
<3391> ツルハHD   11.65  26.4

<8279> ヤオコー    11.43  21.9
<2871> ニチレイ    10.85  20.4
<6849> 日本光電     9.06  32.3
<7947> エフピコ     9.04  28.0
<9502> 中部電      8.73   7.0


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均