市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は弱含み、夕方にかけて円買い再開

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

26日の東京外為市場でドル・円は弱含み。東京封鎖への思惑から日本株が大きく売られ、リスク回避的な円買いが先行。また年度末による国内勢のドル売りで111円30銭から110円半ばに下落。その後ドルはは下げ渋る場面もあったが、夕方にかけて円台再開で110円37銭まで値を下げた。

・ユーロ・円は121円09銭まで上昇後、120円49銭まで値を下げた。
・ユーロ・ドルはじり高となり、1.0871ドルから1.0934ドルまで上昇した。

・17時時点:ドル・円110円40-50銭、ユーロ・円120円60-70銭
・日経平均株価:始値19,234.77円、高値19,240.29円、安値18,512.81円、終値18,664.60円(前日比882.03円安)

【要人発言】
・マコネル米上院共和党院内総務の周辺
「新型コロナウイルス景気対策法案は今晩採決」

【経済指標】
・英・2月小売売上高(自動車燃料含む):前月比-0.3%(予想:+0.2%、1月:+1.1%←+0.9%)

《TY》

 提供:フィスコ

日経平均